忍者ブログ
当サイトはHTML5+css3で作成されており、Internet Explorerでは正しく表示されません。
firefoxOperaの 使用をお勧めします。

男の節約ブログ(チラシ)の裏

はじめての方へ
このブログには男の節約ブログ管理人の落書きしかありません。 節約情報ブログを読みたい方はhttp://otosetsu.blog.fc2.comまでどうぞ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018年 07月 19日|comment(-)

娘の成長

現在3.5ヶ月です。
成長速度に驚かされます。
毎日できることが増えていきます。
こんなに早いと1ヶ月以上出張で家をあけて、その間の成長過程を見れなくなるのが辛いです。
何とか出張予定がなくなるのを祈るばかりです。
PR

女性の社会進出と配偶者扶養控除

今日ニュースで政治家が女性の社会進出と扶養控除に関して演説している1コマがありました。
それを聞いて「確かに」と思いました。
男女平等、女性が社会進出できる環境を!と訴える声がある一方で扶養控除を手厚くor改悪するのはNG!という声もあります。
とある女性が「103万円制限のせいで、それ以上働くと損するから働けない。扶養控除のせいで女性の社会進出が妨げられている」という主張をしていました。
フルタイムでは働きたくないけど103万円以上は働きたい。でも扶養控除は受けたい。という主張のようです。
配偶者の扶養控除を無くしたほうが働かざるをえない状況になって女性の社会進出が進むのでいいかもしれませんね。
でもそんなことをしたらかなりの反発が出るはずです。
働きたい女性がいる一方で働きたくない女性もいるから互いに矛盾した声が出ます。
個人的には断然働きたい女性を応援したいです。
働きたい女性の中で大きな敵の一つが同じ女性だと思います。
私の会社を見渡しても、総合職で入社する女性は毎年一定数いますが、結婚や出産で辞めていく人が多いです。
こういった状況があると、本当に働き続けたい女性に対しても、辞めていくんじゃないかという疑念を持たれ、なかなか良いポジションにはつきづらいと思います。
まとめると働きたい女性のために女性が社会進出できる環境を整えて、働きたくない女性のために配偶者扶養控除を手厚く出来れば一番良いようです。

現在実施中or実施予定の節約術

ふるさと納税
 1つ目の商品が届きました。もう1つは発送待ちです。
 住民税が確定したら2千円負担のギリギリまで実施予定。
じぶん銀行×auwallet利用
 チャージ金額に5%付加してくれるようです。
 商品券を利用してMax額儲けられないか検討中。
ポイントサイト
 主にアンケートサイトにて。
 無理せず1ヶ月で度の程度儲かるか調査中。
確定拠出年金
 すでにいくらか入っていますが、次に残高連絡通知が来た際に満額に変更しようと思っています。

どれもある程度形になってきたら本ブログで紹介予定です。

海外

仕事がら海外出張が多いです。
これまで、中国、インド、アメリカ、ロシアに行ったことが有ります。
アメリカ以外は2週間~2ヶ月くらいの滞在です。
海外での仕事は一見ハードルが高く感じますが行ってみるとそうでもありません。
仕事上はそうですが、生活環境はよくありません。
以前は海外旅行で色々なところに行きたいと思っていましたが、今は全く思いません。
日本ほど恵まれた環境はありません。
出張中は常に一日でも早く変えること、帰国後何を食べるかを考えています。
衛生面や食事で満足できない状態が続くと辛いものが有ります。
それでもかなりの日数行っていることでかなり慣れて一般の人よりはかなり抵抗はないと思いますが。
ですので、旅行は全て国内旅行で十分だと思っています。
子供が大きくなったら都道府県全てに連れて行きたいと思います。
その内海外に行きたいと言ってくると思いますので、その時は中国やインドに連れて行けば二度と行きたくないと言わせられるはずです。

仕事に対するモチベーション

数年前に比べて格段に落ちています。
子供ができてプライベートに気持ちが入っていることと、自分の実力がついてそんなに頑張らなくてもそれなりにできることが原因です。
仕事自体がつまらないかというとそうでもなく、家でテレビゲームをするよりは楽しいと思います。
そんな状態なので重大案件でもあまり深刻に考えずどこか他人事のように考えられていたりもします。
良いのか悪いのか分かりませんが、少なくとも精神衛生上は良いと思います。
出来るものは出来る、出来ないものは出来ないけど最善はつくす。サービス残業?会社のため?知らんがな。貰ってる報酬以上に働いてるし。
こう考えられるようになった根本的理由は経験を積み実力をつけたからだと思っています。
経験も実力もない時期は、仕事をしていても常に後ろめたい気持ちでした。
サービス残業だろうがなんだろうが兎に角頑張って貰っている金に見合った成果をだそうとしていました。
そんな時期があったから今は楽できているわけで良かったと思っています。
後輩に同じことを強要したり勧めたりしたらパワハラになるのでサービス残業なんて絶対するなと言っていますが、そんなペースで働いていたら一生一人前にはなれないだろうな、と冷めた目で見ています。
↑page top↑